1/24 フィスコNY 平松京子

 予想レンジ
 109.00円~110.00円
 注目ポイント
 新型肺炎の影響見極め

安値(7:00~翌5:00) 高値(7:00~翌5:00)
109.173 +17.3銭 翌4:20 109.652 -34.8銭 17:50

■NY市場はやや円高の方向となっているが、今日の見通しについて
・新型肺炎の感染拡大が新たな世界経済のリスクと警戒されリスク回避の円買い加速が始まり、その後WHOが緊急事態宣言には時期尚早との判断を下した為、円買いも一段落している。
・本日は引き続き新型肺炎感染拡大による世界経済への成長減速を警戒し、ドル/円は戻りの鈍い展開を予想する。

■今日の見通しについて
・新型肺炎感染が世界中で拡大していると報告されているが、SARSのような驚異に発展するかどうかを見極める段階にある。
・2003年にSARSが蔓延した際、中国GDPを2%近く引き下げ世界株式相場の急落に繋がった。
・当時に比べて中国経済の世界経済に占める割合も拡大しており、その影響が不安視されている。

■一体どの程度感染が拡大するか見えないなかで、為替への影響は?
・短期的に新型肺炎感染拡大の行方をにらみ慎重な展開となるが、中長期的には壊滅的な結果にならない限り成長に与える影響が一時的・限定的に留まり、更にトランプ政権が中間層対象の大型追加減税を検討していることがマイナスの影響を相殺することが可能で、ドル/円も底堅い展開を予想している。

個人成績