2/25 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 植野大作

 予想レンジ
 110.20円~111.10円
 注目ポイント
 「動かぬドル円」の謎

安値(7:00~翌5:00) 高値(7:00~翌5:00)
110.577 +37.7銭 15:05 111.235 +13.5銭 翌2:45

■今日の見通しについて
・先週のドル/円は値幅がわずか56銭の小動きに終始した。
・本日も日米両国で注目材料が乏しく、明日から始まるパウエルFRB議長の議会証言を控えた様子見ムードで方向感の出にくい展開が続きそう。

■注目ポイントについて
・理由は3つで、第一に米中通商協議は貿易不均衡の是正や為替の安定については合意したようだが、技術覇権をめぐる争いは長期化しそうであり、この先完全な決裂も決着も無い中途半端な状態になっている。
・第二にファンダメンタルズ面では最近のアメリカ経済指標は強弱入り混じっており、景気が加速するとの期待も、失速するとの懸念も両方盛り上がっていない。
・第三にアメリカの金融政策については忍耐強い様子見に移行したことが既に十分織り込まれ、日米の政策金利差は大きく開いたまま当面は拡大も縮小もしないという見方が広がっている。

■このこう着状態はいつまで続く?
・現在、ドル/円の3ヵ月予想変動率は6.1%と4年半ぶりの水準まで低下、動意欠乏観測が強まっている。
・このような状況下、動かぬドル/円にしびれを切らした短期筋の売買興味は、ブレグジット問題で荒れそうなヨーロッパ通貨や、株価にらみで派手に動きがちな新興国通貨に移っている。
・アメリカ金融政策の次の一手が、利上げ再開なのか利下げ開始なのかが明確になるまでドル/円は方向感の出にくい展開が続くと予想している。

個人成績