1/9 みずほ証券 鈴木健吾

 予想レンジ
 108.00円~109.50円
 注目ポイント
 行き過ぎの修正

安値(7:00~翌5:00) 高値(7:00~翌5:00)
108.031 +3.1銭 翌4:25 109.001 -49.9銭 11:40

■NY市場を振り返って
・NY時間には108円台前半まで下押す場面もあったが、堅調な米株とトランプ大統領による中国との交渉が非常にうまくいっているというツイートが下支えとなり108円台後半まで反発して取引を終えている。

■今日の見通しについて
・引き続き行き過ぎたリスクオフの修正が進むなかでドル/円は109円台をうかがう展開を想定している。

■注目ポイントについて
・年末年始に各市場はかなり行き過ぎた動きとなった。
・例えばS&P500指数の予想EPSはプラスにもかかわらず、クリスマスにかけて同指数はこれが10%程度の減益となることを織り込む水準まで急落した。
・また、米政策金利の先物も3日にかけて急低下し、年内利上げどころか利下げ実施の確率が一時は40%を超える水準まで急上昇する場面もあった。
・このような中、昨年一年間で上下9円台しか動かなかったドル/円も年末年始の一週間で7円もやや行き過ぎた動きを見せた。

■どの程度の修正をみている?
・不安ばかりが加速したものの、足元の米国経済は緩やかな成長を続けており、このようなすぐにでもリセッション入りとの値動きは行き過ぎとみている。
・ドル/円も目先12月の急落の半値戻しとなる109円台前半から、200日移動平均線のある111円台程度への反発があるのではないかとみている。

個人成績