10/29 クレディ・アグリコル銀行 斎藤裕司

 予想レンジ
 111.40円~112.40円
 注目ポイント
 中間選挙月のアノマリー

安値(7:00~翌5:00) 高値(7:00~翌5:00)
111.774 +37.4銭 11:10 112.561 +16.1銭 23:00

■今日の見通しについて
・週末は第3四半期のアメリカのGDPが予想を上回ったにも関わらずダウが大幅に下落したことを受け、一時111円38銭を付ける場面があった。
・本日は為替のスポット決済日が月末にあたる為、需給が相場を左右しそう。

■注目ポイントについて
・これまではリスク回避の円買いとドル買いが同時に起きていたことや111円台での日本勢からのドル買い需要で結果的に動きは限定的だったが、テクニカル分析の一目均衡表をみると下落トレンド入りのサインといわれる転換線が基準線を下抜けする動きが17日に既に出ている。
・また、金曜日の終値で再び3月からのサポートラインを下抜けしていることにも注意が必要。
・ただ、ポイントに挙げた中間選挙月のアノマリーを考慮に入れると、しばらくドル/円の動きは限定的かもしれない。

■そのアノマリーとは?
・アメリカ中間選挙のあった1994年からの11月のドル/円の騰落を見てみると、じつに6回中5回はドル/円は上昇している。
・選挙結果はその時々で違っていたが、選挙月の11月はドル/円は上昇しやすい傾向がはっきりと出ている。
・従ってドル/円は上値は重いもののレンジ相場がもうしばらく続く可能性があると考えている。

個人成績