9/28 フィスコNY 平松京子

 予想レンジ
 113.20円~114.20円
 注目ポイント
 米アドレナリン経済継続

安値(7:00~翌5:00) 高値(7:00~翌5:00)
113.316 +11.6銭 21:30 113.665 -56.5銭 23:55

■NY市場を振り返って
・FOMCの結果を受けたドル買いが続き、円は株高に連れリスク選好の売りが継続、ユーロはイタリアの予算案をめぐり債務の不透明感が悪材料となり下落した。

■今日の見通しについて
・アメリカのコアPCEなどの市場を睨みつつ、月末の実需の買いにドルの続伸を予想する。

■注目ポイントについて
・FRBは予想通りFOMCで今年3度目の利上げに踏み切り年内あと1回の利上げ、来年3回の利上げが予想されている。
・一部のヘッジファンドマネージャーはトランプ政権が実施した減税や大政策といった経済政策のアドレナリン注射が米国経済の成長や株式市場などの上昇を更に1〜2年引き延ばすことになると指摘している。
・一方で米中貿易戦争が深刻化、NAFTA改定の期限を10月1日に控えた貿易問題、アメリカ中間選挙、新興国市場などのリスクがイベントに繋がるかどうかを注視していく。
・根本的にはリスクが大きなイベントに繋がらない限り当面アメリカの経済が世界各国の成長ペースを上回る基調が続くと考える。

■そうなると、為替相場は今後どちらの方向に行くとみている?
・基本的にはアメリカと他国の利回り格差も拡大基調でドル高が続くことになると予想する。
・本日年初来高値を更新したドル/円相場は、年末に向けて更に高値を試す動きとなり115円〜117円付近を目指す可能性もあるとみている。

個人成績