2/28 ソニーフィナンシャルホールディングス 尾河眞樹

106.80円~107.80円

■注目ポイント
IMM 円ショートの謎

安値(7:00~翌5:00) 高値(7:00~翌5:00)
106.564 -23.6銭 翌1:45 107.525 -30.5銭 9:15

■パウエル議長の議会証言を受けたNY市場について
・アメリカの長期金利が上がりドル高だったが、株が下がったのでドル/円の上値も107円台で抑えられてしまっている状況。

■今日の見通しについて
・昨日のパウエル議会証言のイベントを無事通過したということで市場も落ち着きを取り戻し、今日は底堅い展開になりそう。

■注目ポイントについて
・IMM投機筋の円の持ち高というのは注目度が高く、今はかなり円ショートに傾いている。
・謎というのは、最近かなり円高が進んだにもかかわらず円ショートポジションが減っていない。
・今後リスクオフになった場合、これが買い戻されたらとんでもない円高になるのではないかという不安の声も一部ある。

■その円高になる可能性は?
・一方的な円高になるリスクは少ないだろう。
・IMM投機筋のドルポジション──様々な通貨に対するドルのポジションはどうなっているかという全体像を見てみると、ドルは円に対して買い越しになっているが、一方でドルは他のユーロをはじめとした様々な通貨に対して売り越しになっている。
・去年ドル/円があまり動かなかったのは、リスクオンで円売りだった一方でドルも売られていたので動きづらかった。
・今後もしリスクオフとなって円が買い戻されたとしてもドルも買い戻されるので一方的な円高にはなりにくいのではないか。

個人成績