2/8 三菱東京UFJ銀行 内田稔

108.90円~109.90円

■注目ポイント
リスク回避でドル高も

安値(7:00~翌5:00) 高値(7:00~翌5:00)
108.581 -31.9銭 翌2:55 109.784 -11.6銭 15:50

■NY市場を振り返って
・相場の不安定さが残る中、リスク回避の円買いと、ドルは年初来からのドル安に対する反動でドル高にもなっている。
・円もドルも強い中でクロス円が軟調に推移した。

■今日の見通しについて
・2月から3月にかけて日本では輸出代金や配当金の受け取りにともなう円買い需要が高まる時期。
・一方、債券価格の急落によって日本の投資家による対外証券投資はかなり手控えられるだろう。
・需給面では円買いが勝る時間帯が続くのでドル/円も非常に上値が重い時間が続く。

■注目ポイントについて
・ここ最近、為替と金利差の相関が大きく崩れていて、特に米ドルは昨年の終盤以降、アメリカと海外の金利差が拡大している中でドル安が続いてきた。
・これは金利差といった地味なリターンではなく、リスクを取って大きめなキャピタルゲインを狙っていくリスクアセットへの投資が活発化していて、その原資となったドルは金利が上がっていたが魅力が低下していてドル安が続いていたと考えられる。
・市場が不安定化しリスク回避姿勢が強まると買っていたものは売る、売っていたドルには買い戻しの圧力が加わっていくことになる。
・その過程で市場の注目が金利差に戻ると、金利差に比べで今米ドルは割安な状態にあるので、リスク回避局面では円高にも警戒が必要だが当分の間は米ドルの幅広い反発にも警戒が必要。

個人成績